アイラインがきれいに決まらない!奥二重とはさよならするための整形とは?

一重まぶたとは似ているようで違う

奥二重の人はまぶたの幅があまりにも狭いせいで、見た目が一重まぶたとそう変わらない状態です。顔がはれぼったく見えたり全体的な印象が薄くなってしまいますし、アイラインなど目元のメイクも十分に機能しません。二重テープや二重用の美容液などを使う方法もありますが、これらを使った癖づけの効果はあくまでも一時的なものです。特に二重テープは接着剤の成分が体に合わないとアレルギーを起こす恐れがあるので、ゴム手袋などでアレルギーを起こした経験のある人は注意してください。美容外科の奥二重整形なら効果も高いですし、患者さんのまぶたの幅や顔全体のバランスも考えて、ナチュラルで美しい二重まぶたを作ってくれます。

色々なやり方があるのでよく決めよう

奥二重整形は、効果が数か月に限定されるものの値段が安くて負担の少ないプチ整形から、半永久的な二重まぶたにできる整形手術まで色々な方法が用意されています。メスで眼球に近い皮膚を切ることが怖い人におすすめなのが、糸だけで簡単に二重が作れる埋没法です。プチ整形の一種なので短時間で施術が終わるので忙しい人にもおすすめ。結婚式や同窓会など特定の場面だけ二重に出来ればいいという人は埋没法でも充分です。そのクリニック独自の技術を取り入れた、特殊な埋没法をやっているクリニックも沢山あります。二重の幅を完全に固定したい場合は切開法がいいでしょう。切開する範囲を出来るだけ小さくしつつ、ずっときれいな二重がいいなら部分切開も選べます。

処女膜とは女性の膣にある粘膜のひだのことで、この処女膜を手術によって再生することができます。処女膜の再生をすることでもう一度処女の気持ちを味わうことができます。

Back to Top