処女膜関連の整形で自分の悩みを解決しよう

縫い合わせるだけで簡単に復活

女性器整形目的で美容外科に訪れた患者さんの相談で多いのが、処女膜に関連する悩みです。女性器整形と言うと小陰唇縮小術の知名度が高めですが、自分の処女膜再生手術を希望する患者さんもたくさんいます。初体験で嫌な思い出があって、その時の心身の傷を消したいという人や、激しいスポーツやタンポンの使用で性交渉をする前に処女膜が消失してしまった人など、患者さんが処女膜再生手術をする理由は様々です。この手術をすることで精神的な苦痛から解消されたり、自分の人生に前向きになれるのはいいことですね。処女膜再生手術は簡単なものと本格的なものがあります。前者は膣の周辺の粘膜を集めて、細い糸で縫って処女膜を作る方法です。安価でダウンタイムも少ない点はメリットですが、手術から期間があくと出血しなくなるので気を付けましょう。後者の方法は、処女膜を形成してからレーザーや手術用の糸でしっかり縫い合わせるので、整形の効果も長い期間続きますよ。

反対に切開する人も…!?

処女膜再生手術と比べると知名度はありませんが、逆に処女膜を切開する手術を希望する人もいます。女性の中には生まれつき処女膜が人よりも分厚く出来ている人がいるんです。分厚い処女膜は柔軟性がないので、性交時に激痛が走ることも。処女膜強靭症などと呼ばれていますね。処女膜切開手術は分厚くてかたい処女膜をメスで切開したり、不要な部分を取り除いてしまうことで一般的な処女膜の分厚さと柔らかさにすることが可能です。

人には言えない女性器の悩み。自分の女性器がほかと比べておかしかったら自信喪失に…。そんなときはただ悩みを抱えるのではなく、女性器整形で女としての自信をアップさせると楽しい人生につながります。

Back to Top