自宅に合わせるのがポイント!アンテナの種類と選び方

電波を受信しやすい八木式アンテナ

自宅でテレビを観る上で欠かすことのできない物が電波を受信するためのアンテナです。一口にアンテナといってもいくつかの種類があってそれぞれに特徴が異なります。

まず一つ目が八木式アンテナで、魚の骨のような形状をしているのが特徴です。こちらは古くから一般に普及されているタイプで、自宅の屋根の上に設置されているのを見掛けたことがある人もいるかもしれません。八木式は高い所に設置することから、電波を受信しやすいというメリットがあります。

設置しやすく天候に左右されない平面アンテナ

設置のしやすさや見た目の景観にこだわりたい人におすすめなのが平面アンテナです。デザイン型と呼ばれることもあるこの平面アンテナは、自宅の外壁や屋根裏などに設置するため、屋根の上での危険な作業も必要なければ、雪や強風といった天候の影響を受けにくいのがメリットと言えます。

しかし、設置場所が低くなってしまうことで周辺環境によっては電波の受信率が低くなることもあって、そういった場合には別途ブースターが必要になるので注意が必要です。

アンテナ別の設置に必要な費用

アンテナの設置は素人でもできるとはいえ、電波を正しく受信できるように設置しないと映像が映らないこともあるので専門の業者に依頼をすることが大切です。

依頼をする上で気になってくる費用ですが、アンテナ本体の値段は種類によって違います。屋根の上に取り付ける八木式アンテナは5000円前後、平面アンテナは1万円前後が一般的な相場です。

これに別途取り付け工事の費用が掛かります。工事費用は業者によってそれぞれ金額が異なるので複数の業者から見積もりを取って比較検討をすることが重要です。

アンテナ工事の業者は多くの街にあります。費用も施工技術も様々なので様々な資料を比較検討して納得の工事業者を選ぶようにしましょう。

Back to Top