墓じまいをしないとどうなる!?今のうちに出来ることをしよう

墓守の役目とその意義とは

日本では先祖代々のお墓を守るために後を継いだものが管理と供養を行います。

お墓は家族の絆を繋ぐものであり、節目に祈祷と供養をすることで先祖に感謝する機会を持てますよね。けれども近年は少子高齢化と核家族化により、墓参りをする人が減っています。その理由は遠方に住んでいるため墓参りが難しいなど様々な背景がありますが、墓じまいは先祖を無縁仏にする可能性を完全に排除できる唯一の方法です!

墓じまいの方法と費用

墓じまいは寺院や管理事務所に連絡をして必要な手配を整えることから始まります。それは遺骨が入っているため行政手続きが必要な作業だからです。

費用は利用する場所によって異なるため、事前に知りたいなら見積りを取る方法がありますね。またそれ以外にも新しいお墓を設置するのにかかる費用や、古い墓を撤去する費用が発生するため自分に合った方法を検討すると良いです。

気になる手続きについて

墓じまいは閉眼供養と離檀、更地にするための工事と移転後の納骨・法要を終えて完了となります。

手続き内容は場所によって異なるので関係者に詳細を尋ねておくことも大切ですね。

更地にする前にお墓の場所を決めておこう

遺骨をいつまでも持っているわけにはいかないので、次に納骨する場所はとても大切です。新しい墓地を新設するのも永代供養墓に移すのも、早めの判断が必要になります。

後々問題にならないよう、家族とよく話し合って決めておくと良いでしょう。

墓じまいのメリットとデメリット

メリットは墓の管理が楽になるので負担が大幅に減り継承者の問題もスッキリと解決できます。

デメリットは先祖にゆかりのある地へ出向く機会が減ることです。

子供がいない、相手が先立ってしまったなら墓じまいという選択があります。無縁仏となるのを完全に排除できるのがメリットです。

Back to Top