知っているようで知らない、LEDの魅力について知ろう!

LEDってどんなもの?

人工的な光として挙げられるのは白熱灯や蛍光灯が有名だと思いますが、最近注目を浴びているのがLEDと呼ばれる光です。

LEDは大きな魅力をいくつも持っています。まずは、白熱灯や蛍光灯に比べ、長い期間使用することができることが挙げられます。交換頻度が少なく済むのは経済的にも助かりますよね。

その他にも、屋内外を問わず使用できることや小型化にすることが簡単なため、照明器具として自由な設計ができること、調光や点滅が自在にできること、防水構造が容易にできること、熱戦や紫外線が少ないことなど、多くの利点があります。少ない電力でも点灯することができるので環境への配慮も十分にできます。

これら、多くのメリットがあるLEDはどんなものに使われているのかというと、道路交通表示板や信号灯や携帯電話のディスプレイのバックライトなど、生活で目にするあらゆる光に使用されています。

LEDはいろいろな可能性を秘めている!

LEDは、照明用途として白熱灯や蛍光灯を上回る魅力があることをご紹介しましたが、その他にも、LEDの波長を使ってより美味しい野菜を育てるといった植物の育成や神経障害や花粉症の症状を緩和させるなど、医療分野においても発展が期待されています。

1960年代に暗めの赤色と黄緑色のLEDが開発されたのちに青色LEDや白色LEDが開発されるなど、短期間の間にLEDはどんどん進化を遂げ、あらゆる可能性を秘めたあかりとして社会の役に立っているといえるでしょう。

店頭に掲示されるLEDライトパネルは、多彩な色合いの表示が可能となっているので個性ある商品案内を作る事が出来ます。

Back to Top