BCPの重要性に関して

BCPと言いますのは事業継続計画を指し、震災から、急テンポで広まった言葉です。わが国ではここにきて震災が頻発していることから、自然災害によりまして事業継続が不能にならないようあらかじめ計画を行って備える意味合いが強いです。さらに、オンライン上のシステム障害、あるいはテロや戦争の備えをするといった主旨もあります。震災によって経験済みの人も多いですが、災害の際に差し支えが出るのが、燃料確保になります。ガソリン、あるいは灯油は、日々の生活の必需品になります。さらに、停電のケースでは自家発電で石油を必要とすることでしょう。事業所、あるいは自宅に燃料タンクなどを準備している所は備蓄している分だけ、利用出来ます。しかしながら、貯蔵設備が一切無い場所では、購入するため列に並んだり、供給不足状況が生じた場合は燃料使用が不可能です。ですから、BCPが重要になります。

予め契約を結んで災害状況の燃料確保が重要です

国においては、BCP対策で燃料貯蔵などのシステムは実行できています。しかし、現実に災害が起きた場合、被害が出ているエリア内の人に対しての配送が最優先ですので、自らの所に即座に燃料が輸送されるとは断定できません。そのため、民間燃料供給事業者と震災時でも、間をおかず燃料を支給してもらう契約をする事が近ごろ行われています。具体的に言いますと、燃料供給事業者によって震災時に必要な燃料を保存しておいてもらい、震災発生時でも自らの燃料を手に出来るという仕組みです。労力をかけて、ガソリンスタンドに立ち並んだり、辛抱することは不要です。とりわけ、企業の営業所での燃料切れに関しては、経営に対しての損害も広がりますので、こういったBCP対策は不可欠です。

BCP対策は、企業が自然災害や事故などの予測不能な緊急事態に見舞われた際に、重要業務の被害を最小限に抑え、業務自体を滞らせないための行動指針です。業務の拠点を分散化するなどが挙げられます。

Back to Top