股間のコンプレックスを解消できる!小陰唇肥大の手術を依頼しましょう

手術を受けるタイミングも重要

小陰唇が大陰唇よりも目立ちやすかったり、小陰唇の黒ずみが目立つようであれば、小陰唇肥大の治療を受けるべきか考えてください。そのままの状態を放置していると、小陰唇の周囲に汚れが溜まりやすくなってしまい、局部の炎症が起きて痛みに悩まされる事になりかねません。美容外科などで小陰唇肥大のカウンセリングを依頼する事ができるので、まずは医師に相談をしておく事をおすすめします。大掛かりな手術を行うわけではありませんから、カウンセリングを受けた当日に手術を依頼できるクリニックも多いです。生理中や生理が近いタイミングで手術を受けると、手術後の出血なのか見分けにくくなるので、生理周期を意識しながら手術をするタイミングを決めてください。

手術を終えた後の過ごし方

小陰唇肥大を改善したいと考えているけれど、手術を受けると傷跡が目立つ事になるか心配だという人も少なくないです。股間の見た目を綺麗に保ちたいのであれば、技術力に優れるクリニックを探して、手術を依頼する事をおすすめします。小陰唇は手術の傷跡が目立ちにくいですから、手術後に痛みが残りにくいように、実績が豊富な医師を頼るようにしてください。手術を終えた後は局部を清潔に保つ事は重要なので、毎日のように新しい下着を使う事を推奨します。傷跡から少しばかり出血する事もありますが、出血量が多くないようであれば特に慌てる必要はありません。激しいスポーツを行うのは、手術を終えてから一ヶ月ほど後にしてください。

小陰唇肥大とは、小陰唇が大きくなってしまうので、下着にこすれたり垢が溜まりやすくなったりするというような症状が出ます。

Back to Top