処女膜強靭症ってどんな病気?治療方法は?

その性交の痛み、処女膜強靭症?

性交渉のとき痛みが強い、毎回出血がある…。そんな症状がみられる場合、もしかしたら「処女膜強靭症」かもしれません。「処女膜」とは膣の入口付近にある薄い粘膜のこと。この粘膜が柔らかくて薄い場合、初めての性交渉で粘膜が破けます。けれども、人によっては生まれつき粘膜が厚く硬い場合もあります。この状態が「処女膜強靭症」です。この状態ですと性交渉ではなかなか粘膜が破けず、痛みや出血が生じるようになります。

もしも処女膜強靭症だったら…どんな治療があるの?

痛みのため性行為ができなかったり、出血が生じたり…。処女膜強靭症があると、満足に性行為を行うことが難しくなってしまいます。しかも一般の産婦人科等ではなかなか診断されず、長い間一人で悩んでしまう方も少なくありません。そこで大切なのが、処女膜強靭症の治療経験がある病院で、正しく治療を受けることです。処女膜強靭症の治療法としては、手術が挙げられます。

処女膜強靭症は手術で治そう!

通常より処女膜が厚く硬い状態になっている処女膜強靭症。その治療法は、手術で問題のある部分を切除・切開する方法になります。ただし手術をするからといって、入院することは少ないです。なぜなら手術そのものが10~15分ほどで終わるからです。また麻酔も局部麻酔で行うことが多いです。なお痛みが心配な場合や寝ている間に手術を受けたい場合、静脈麻酔を受けることもできます。その場合は目を覚ます頃には手術が終わっています。

処女膜強靭症は心のケアも大切!

処女膜強靭症は手術で治すことができますが、その後の心のケアも大切です。痛みに対する恐怖心があると、性交渉の時に恐怖心がよみがえってしまうことがあるからです。なので手術を受けた後、心のケアを行い、性行為に対する恐怖心をなくしていくことも重要なのです。

処女膜強靭症は、処女膜に問題があり、性交渉時に痛みが強かったり出血が激しかったりするものです。場合によっては手術が必要なこともあります。

Back to Top